津川雅彦
(俳優)
追われるヒーローと謎の美人ヒロイン、数百年前の抜け道、謎を解く鍵はダンテの『神曲』。見事な映像的描写はまるで映画だ。
荒俣 宏
(作家)
フィレンツェの美術の謎が手に取るようにわかり、そして今フィレンツェで何が起こっているかまでわかってしまう。とんでもない小説が現れました。 これまでのダン・ブラウンの小説で一番面白い!
三池崇史
(映画監督)
知性の果てに掟はなく、活字こそが快楽を生む 。この小説はエンターテイメントの極みであると 断言できる。映画やゲームは無駄な抵抗を慎むべきだ。
越前敏弥
(翻訳者)
陰謀や秘密組織が今までのラングドン・シリーズと違ったパターンで登場します。いい意味で予想を裏切る、大ドンデン返しの展開をぜひお楽しみに。
小森 純
(モデル・
タレント)
イタリアの名所や街並みの描き方がとても細かくて、自然に映像が頭に浮かんじゃう。イタリア旅行している気分が味わえますよ。
西上心太
(文芸評論家)
《地獄》(インフェルノ)への扉がついに開かれた!
この本(インフェルノ)をひとたび開けば、今夜は眠れない。
三橋 暁
(文芸評論家)
物語は終っても、恐怖は終らない。ダン・ブラウンが描く、人類の今そこにある危機。
ときわ書房
本店
宇田川拓也
これが“未来”なのか、ダン・ブラウン!? 終盤に待ち構える“まさかの展開”がもたらす衝撃に、覚悟せよ!
40代女性
(音楽家)
スリルの背景にあるのは人類の未来への憂慮。圧倒されつつ教授と巡った古都の旅は忘れ難い時間になりました。
40代女性
(語学教師)
豪華過ぎる旅行案内、奥深い美術解説、歴史上の秘話、現代社会への問題提起、そして何よりも壮大なスケールの冒険……。何という贅沢な小説!
40代男性
(会社員)
意外な結末は、一種の後味の悪さのような、実際にこの世に起こりうる事象への警告のようで、ただのお話では済まない感じがする。
40代男性
(会社経営)
ダン・ブラウンは今回も緩みがない。いきなり危機に投げ込まれ、一気にラストまで。初めて2回電車を乗り過ごした。
30代女性
(団体職員)
まるで夢をみている? 自分も騙しながら、ラングドン、シエナと行動を共にしてるかのごとく読み、臨場感のある精巧な描写に最後まで圧倒された。
40代女性
(主婦)
誰が敵で誰が味方なのか? 追われる身でありながらテンポの良い謎解きはお見事! 胸が高鳴る作品でした。
40代男性
(会社員)
読み直す? ダンテを読む? イタリアに行っちゃう? 読んだ後、あなたを新たな行動に駆り立てる、驚きの感染力! 
50代男性
(会社員)
「人類は滅亡しなければならないのでは? 今回のダン・ブラウンは社会派エンタテイメントでした!!」